任意の自動車保険は入るべきか

任意の自動車保険は、加入は自動車の所有者の任意になりますので、加入しなくても自動車は普通に運転できます。しかし、万が一の自動車事故に対応できるのは、任意の自動車保険しかありません。
自賠責保険は、人身事故の対応のみですし、上限金額もあります。しかし、実際の自動車事故は人身事故だけではありません。その人身事故ですら、補償金額が自賠責保険の上限金額を超えるケースも少なくありません。また、自動車同士の事故、店舗、家の壁にぶつかったりした時ですと対物保障が必要となります。また、搭乗者の怪我の補償もあります。
自動車は、自賠責保険さえ加入していれば運転できます。自分が安全に運転していれば事故に合わないという時代ではありません。外国人、低所得者は任意の自動車保険に加入しているケースは少なく、物損事故になりますと自分が受ける補償も通常より少なくなります。また、自分が青信号を運転しているケースでも自動車同士の事故でしたら、過失割合が両方あります。理不尽と思いますが、それが現状です。任意の自動車保険でしたら、相手の補償はもちろんですが、自分の補償もできます。
安心安全に乗り、自分の身を守るためにも任意の自動車保険は必要になります。